中央教育審議会の大学財政優遇案に物申す:しあわせ教育 受験・資格試験・子育て

中央教育審議会の大学財政優遇案に物申す


大学生の勉強時間を増やせ!と国が言う

中央教育審議会とは文部科学相の諮問機関のことで、大学生の学力が
低下していることをうけて大学財政優遇案という素案を提出しました。


以下、YOMIURI ONLINEニュース記事参照

中央教育審議会の大学分科会大学教育部会は7日、学生の勉強時間を
調べたり、勉強時間を増やす方策を講じたりした大学を財政面で優遇
するべきとする素案をまとめた。

勉強しない学生を放置する大学に改善を促す狙い。大学分科会の審議
を経て、文科省に答申される予定で、同省は2013年度にも実施す
る方針。大学生を勉強させるために、とうとう国が尻をたたく。

日本の大学生は国際比較でも勉強時間が短いとされ、大学教育部会は、
日本の学生が主体的に勉強する時間は1日に講義を含めて4・6時間
とするデータをもとに、必要時間の半分程度と分析した。そしてこの
ことが大学教育への国民や企業からの評価が低い要因だとしている。

以上、YOMIURI ONLINEニュース記事参照

上記ニュース記事をご覧になって、どう思われますか?
あたかも学力低下が大学側の責任みたいな尻のたたきかたですよね。


その大学財政優遇案に物申す!!

学力低下は、大学の責任でもなければ、教師(教授等)の責任でもない。
ましてや学生が悪いわけでもない。

国が悪いんだ!と思っているのは私だけ?

このような不況続きの中でも、大半の企業は大学卒業者を優遇します。
要するに、大学を卒業していないと良い就職はできないという風潮に
なっているということ。

何が言いたいのかというと、不況にも関わらず、そのような風潮とい
うか世の中の流れになってきているので、生活が苦しくても無理して
子供たちを大学に通わせている家庭が大半であるということ。

なので学生たちは、生活費の一部を稼ぎ出すためにバイトを行うしか
方法がありません。もちろん、奨学金(育英基金など)もあるが、ほぼ
授業料ぶんにしかならないというのが現状です。

バイトしないと大学に行けない・・・
その結果、勉学が疎かになってしまう・・・
最終的には学力低下を招いてしまっているということ。


不況のどん底から抜け出すこともできず、さらに国民の大切なお金を
税金と言う名目で、むしり盗ろうとしている国の責任ではないのかと
ニュース記事を見て腹立たしい気持ちになったのは私だけでしょうか。

はっきり言わせてもらうと、国の機関で働いている人たちや国会議員
など、自分らの生活水準からの目線でしか物事を判断しないのでは?

そう思わざるを得ない教育機関の改革または発言にはうんざりです。

最後にまとめると、大学の費用が高額すぎるということが学力低下を
招いている最大の原因であると断言してもいいと思います。






◆教育関連ニュース

受験合格祈願!!

pass an examination.gif

高校受験・大学受験・資格試験へ挑む多くの受験生に合格という満開の桜の花が咲きますように受験合格必勝祈願します!!


☆このサイトで紹介している勉強法、合格法、家庭教育、家庭学習他、教育に関する記事に対して多くの先輩方から共感を得ていますので、どんどん活用してください☆
<しあわせ教育 桜咲く>


 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ


【人気学習・教育教材】


10日間無料視聴できる!
報奨金制度もあり!!


2010y08m17d_201232637.jpg
受験の神様 和田秀樹の
大学受験合格の方程式


2010y08m17d_201910290.jpg
35日で奇跡の逆転合格を
果たす高校受験勉強法


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。