ことば発達法!幼児教育25年間のノウハウ:しあわせ教育 受験・資格試験・子育て

ことば発達法!幼児教育25年間のノウハウ



◆お子様の言葉の遅れで悩んでいる方へ

1歳7ヶ月が第1の分岐点、5歳が第2の分岐点
保育
乳幼児を保護し育てること
幼児教育
言葉・音楽・体育・造形・自然・社会の分野において
活動の環境を与えよりよく導く教育
知育
知的認識力・思考能力を高めることを目的とする教育

6歳までに脳の90%が育つといわれる乳幼児期に、
認識能力と思考能力にフォーカスして正しい言葉
を話せるよう導く方法をご紹介します。


親御さんに感謝され続ける言葉発達法の効果
言葉を発達させることをできるだけ年齢の低いうちに
働きかけることは、子供の持つ想像力の可能性を広げ、
相手の気持ちを理解できる能力を高める事になります。
相手の話すこと、考えることをよく理解できるための
方法は、0歳から始め言語中枢が完成するといわれる
8歳まで続けると効果が望まれると思います。
また、早ければ早いほど高い理解力がつくでしょう。
この指導法は言葉遊びと日常生活の言葉を媒体として
子供の脳の中についたと思われるダメージを周りから
カバーしていく方法です。

言葉と話し方
絵本を読んであげても、「絵本を見てくれない!」
大人の方が絵本は座ってじっくり読む物という概念に
とらわれすぎていると子供は絵本を好きになれません。
見てくれないなら、
「どうしたら見るのか?」と考えればよいのです。
絵本をもって立ちあがり、
「飛行機に乗ってくださーい。」「バスですよー。」
などと乳幼児を絵本と自分に注目させます。
そして、突然止まり絵本を1〜2ページ読んで、
また立ちます。 この繰り返しで子供は絵本を
じっと見るところまで成長します。



生まれつき脳に障害をもって生まれてきた子供や
生後熱が原因で脳に障害をもった子、自閉症の子。
今では脳に障害を持った 子一人ひとりのケースに
おける適切な学習法を提供できるようになりました。

その基本となる最も重要なことが言葉です。
言葉は思考の元です。言葉から考え想像します。

脳に何らかの障害をもち思考が難しくても、
言葉は存在し、多くの言葉をつないで思考に
たどりつき想像していくんですね。


<参照>
荒関洋子のことば発達法





◆子育て・幼児教育 

受験合格祈願!!

pass an examination.gif

高校受験・大学受験・資格試験へ挑む多くの受験生に合格という満開の桜の花が咲きますように受験合格必勝祈願します!!


☆このサイトで紹介している勉強法、合格法、家庭教育、家庭学習他、教育に関する記事に対して多くの先輩方から共感を得ていますので、どんどん活用してください☆
<しあわせ教育 桜咲く>


 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ


【人気学習・教育教材】


10日間無料視聴できる!
報奨金制度もあり!!


2010y08m17d_201232637.jpg
受験の神様 和田秀樹の
大学受験合格の方程式


2010y08m17d_201910290.jpg
35日で奇跡の逆転合格を
果たす高校受験勉強法


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。